繊細女子の映画語り

繊細女子の映画語り

映画や、たまにドラマの感想を語っていきます。繊細さんでも見られる作品を語ります。(主観ですが汗)

《感想》ネタバレなし「ミラベルと魔法だらけの家」鳥肌級の音楽と素敵なギフトをくれたディズニー作品。

f:id:natuyokaze:20211214153346j:image

©Disney

『ミラベルと魔法だらけの家』第79回ゴールデン・グローブ賞 アニメーション映画賞&作曲賞&主題歌賞ノミネート!!|映画|ディズニー公式 (disney.co.jp)

 

ディズニー映画を最近見るようになった夏夜風です

ディズニーは面白いな!

 

今回、予告映像の美しさに魅入られて「ミラベルと魔法だらけの家」を見に行ってきました!

 

 

個性あふれるキャラクター達、美しくて力強い歌声、夢中になれる映像美と音楽…

 

 

とにかく素晴らしい部分ばかりでした。

 

 

ただ、今回はストーリー性が素晴らしいというより、音楽や映像に力を入れているなと感じる部分も。

 

 

だけど期待を裏切らない作品なので、お気に入りの映画になりました。

 

 

魔法のギフトを持っているマドリガル家の中で唯一、魔法が使えない主人公のミラベル。

 

 

しかし、家族が抱える問題や危機を救えるのは魔法が使えないミラベルだけ。

 

 

そんな彼女が起こす奇跡に、心が温かくなります。

 

~作品紹介~


www.youtube.com

<公開日>

2021年11月26日(日本)

 

<監督>

バイロン・ハワード/ジャレド・ブッシュ

 

<キャスト>

斎藤瑠希 (ミラベル役)

中尾ミエ (アルマおばあちゃん 役)

ゆめっち/3時のヒロイン (ルイーサ 役)

平野綾 (イサベル 役)

…他

 

《映像に魅入られる度》

★★★★★星5

《音楽・歌声に圧倒される度》

★★★★★星5

《おすすめ度》

★★★★星4

~あらすじ~

マドリガル家が住む家は魔法の力を持っており、家族みんなが魔法のギフト(才能)を持っています。しかし、ミラベルだけは魔法が使えませんでした。

 

魔法が使えなくても幸せに過ごしてきたミラベルでしたが、ある日、家の異変に気付き、家族のために彼女は立ち上がります。

 

ギフトを持つ家族の葛藤が見えてくるようになり、家族が抱える問題と向き合うことになっていきます…。

「ミラベルと魔法だらけの家」の注目ポイント

  • 圧倒的存在感の音楽と歌唱力
  • 見て楽しい&癒される映像美
  • 素朴な主人公と家族の葛藤

この後、注目ポイントについて詳しく語っていきます

どんな人におすすめ?
  • 葛藤やプレッシャーを抱えた人
  • 美しい映像が見たい人
  • 夢中になれる音楽を聴きたい人

登場人物

ミラベル

明るくて元気な少女。マドリガル家の中で唯一、ギフトをもらえませんでした。

 

だからなのか、魔法の家・カシータと仲が良く、助けてもらうことも。自分だけ魔法が使えないことに悩み、葛藤します。

 

祖母

マドリガル家の祖母。優しく厳しい存在。家族全員を愛して見守っていますが、時々ミラベルに冷たい対応をすることが。

 

家族

マドリガル家は10以上の家族が一緒に暮らしています。

 

癒しの魔法を持つミラベルの母や、花を咲かせる長姉のイサベラ、パワーの魔法を持つ次姉のルイーサなどなど、個性豊かな魔法のギフトを持った家族が登場します。

ストーリーの感想

予告のCMを見た時から映像がとにかくきれいで心奪われていました(笑)

 

 

とくにイサベラが花を咲かせる瞬間が鑑賞する前から大好きで。

 

 

期待大!と思いながらルンルンで見に行ってきました。

 

 

そしてやっぱり期待を裏切らない美しい映像と、楽しくて耳に残り続ける音楽が最高…!

 

 

ただ、ストーリーは思ったより予想出来る感じだったかも…?それでも面白かったんですが!

 

 

やっぱり色とりどりの美しいシーンと共に流れる圧倒的な歌唱力が一番最高でした。

存在感のある声と鳥肌級の音楽

なにより最初に心を奪われたのはミラベルの声と歌

 

 

声がとにかく良いし圧倒的な歌唱力と演技力が、こちらの満足感をアップしてくれました。

 

 

ミラベル役は斎藤瑠希さんという方なのですが、純粋で素朴な雰囲気もありながら力強さもあってミラベルにぴったり…!

 

最初のミュージカルシーンで一気に心を奪われます…!

 


www.youtube.com

 

そして、私はほとんど情報を入れないで映画を見たので、誰が吹き替えを担当しているか知らないまま鑑賞したのですが…。

 

 

パワーの魔法を持つ姉のルイーサを、ゆめっちさんが演じてた事に驚きました…!

 

 

声も低めで歌声もかっこいいし歌唱力&表現力が高くて引き込まれました!

 

 

曲も素敵で、ルイーサにのしかかるプレッシャーも伝わってくるけど、強さも伝わってきて感動…。

 


www.youtube.com

 

 

うぅ…癖になる…。

 

 

そして、姉と言えば花の魔法を持つイサベラも素敵…!

 

 

ちょっとミラベルに対して冷たい印象があるんだけど、みんなの憧れで完璧な存在。

 

 

声優の平野綾さんが演じていますが、声も良ければ歌も良いわけで…っ!

 


www.youtube.com

 

最初、声がイメージしてたより高めだな…と思ったんですが見ているうちに好きになってる…。

 

 

普段は冷静で気高いイサベラが変わる瞬間をぜひ見てください…!

 

 

そして「秘密のブルーノ」という曲も最高…。

 

 

謎めいた”ブルーノ”という家族に関する曲なんですけど…

 

 

音楽の雰囲気がブルーノに対する興味と好奇心をくすぐるんです…。

 


www.youtube.com

 

とくにこの曲は最後まで楽しんでほしいです…!

楽しくて癒される映像

予告映像などを見てもらうと分かると思うのですが、とにかく映像もきれいで…。

 

 

ミラベル達が暮らす家、カシータが動くんですけど、それも可愛らしいし楽しい!

 

 

とくに、イサベラのシーンはきれいな花がたくさん咲いていることが多くて、魅了されました。

 

 

他にも動物や植物が溢れるシーンとかもきれいだし、見ててワクワク出来る感じ。

 

とにかく色彩がきれいで、物とか人の動きも面白いから飽きないんだ

 

あと、衣装とかも素敵なんですよね。ミラベルのスカートとか本当にかわいくてお気に入り。

 

 

イサベラの衣装なんてトキメキしかないし…!(笑)

 

 

しかも個性的な家族しかいないから、一人一人の動きも面白いし、一瞬の表情とか見逃したくないほど(笑)

 

 

正直、家族の人数が多いし、1人1人の紹介のシーンは瞬く間に過ぎていくから、把握しきれない…。

 

 

でもインパクトのある人ばかりだから、見ていくうちに慣れていきます!

素朴な主人公とその家族

f:id:natuyokaze:20211214153410j:image

 

今回の主人公はどちらかというと素朴で、個人的に目を引くのはイサベラや、いとこのドロリスという女性だったんですけど…。

 

 

だからといってミラベルに魅力が無いわけではなく。

 

 

多くの人が共感出来て寄り添える主人公なんだと思います。

 

 

自分だけギフト(才能)をもらえず疎外感に苦しみながら、それでも明るく家族のために奮闘する姿が、多くの人に勇気を与えるような気がします。

 

 

そしてもちろん、彼女の家族もとても魅力があります。

 

 

本当に性格も個性も特徴も全然違うから見ているだけで楽しいんだけどギフトを持った人たちだからこその葛藤もあるんです…。

 

 

才能があるから幸せ…じゃなくて、持っているからこそのプレッシャーや葛藤、悩みがあるんですね。

 

 

そして、そこから家族の危機が生じてしまいます…。

 

 

その危機に立ち向かえるのは魔法が使えないミラベルだけ…。

 

どんな奇跡と結末が待っているかは、ぜひ映画で確かめてみてください…!

<まとめ>ミラベルがくれた今年一番のギフト

 

みんながもらえたギフトは、ミラベルだけがもらえませんでした。

 

 

だけど本当は彼女にしか持っていない才能がありました。

 

 

その才能が、家族の愛と本当に大切なことを教えてくれます。

 

 

なぜ彼女は魔法を使えないのか、なぜ彼女だけの”部屋”がないのか…。

 

 

ミラベルがくれた最高のギフトをぜひ堪能して結末を確かめてみてください…!

 

本当に最後まで見たら「あ、なるほど…だからか…!」ってなるんです。

 

 

そして最後に聴くエンディング曲もまた最高でした…。

 

 

ではでは今回はこの辺で。最後までご覧いただきありがとうございました!